熊の手

僕、熊のままでいたかったのに…
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | スポンサードリンク

サヨナライツカ

いつも人は

サヨナラを用意して生きなければならない

孤独は最も裏切ることのない
友人のひとりだと思う方がよい

愛におびえる前に
傘を買っておく必要がある

どんなに愛されても幸福を信じてはならない

どんなに愛しても決して愛し過ぎてはならない

愛なんか季節のようなもの

ただめぐって
人生を彩り
飽きさせないだけのもの

愛なんて口にした瞬間
消えてしまう氷のかけら

サヨナライツカ

永遠の幸福なんてないように

永遠の不幸もない

いつか「サヨナラ」がやってきて

いつか「こんにちわ」がやってくる


人間は死ぬとき

愛されたことを思い出す人と

愛したことを思い出す人に別れる


私はきっと


愛したことを思い出す。。。



「サヨナライツカ」
- | 20:03 | comments(0) | trackbacks(0) | kumano-te

スポンサーサイト

- | 20:03 | - | - | スポンサードリンク
COMMENT
POST A COMMENT









TRACKBACK URL
http://kumano-te.jugem.jp/trackback/70
TRACKBACK
<< いつかは閉園になる遊園地 | TOP | ノイズと迷子と新月と… >>